スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --

PAGE TOP

SketchUpマスター【実践編】 総集編ページ開設 

SketchUpをマスター初級編に続いて実践編をお送りしましたが、誰か実践してくれたでしょうか・・
基本さえマスターすればそんなに難しくなかったはずです。。
jissen06-16.jpg


今回の実践編もブログ形式だと見にくいので、テキスト形式版を作りましたので、こちらも試してみてください!!
jissen0281.jpg

右のブックマークにもリンク貼ってあります→→

そしていつの日か・・・
tekkin07-01.jpg
鉄筋編を・・・
スポンサーサイト

PAGE TOP

SketchUpマスター 実践編6 

「SketchUpマスター!!」 実践編の第6回目です!!

前回は「胸壁の立体化」でした。

最終回は「翼壁の作成/仕上げ」です。

それではスタートです。。

今回も、まず最初にこの動画をご覧ください。これからこれやります。。

前回までの作成データは こちら です。

1.翼壁作成
jissen06-01.jpg
次は先ほど作成した胸壁に翼壁を追加します。

2.翼壁作成 (インポート)
jissen06-02.jpg
翼壁部に関連する図面をインポートします。
今回は「A1橋台 構造一般図(2).dwg」をインポートします。

3.翼壁作成 (寸法計測)
jissen06-03.jpg
これまでは、インポートした図面を線ツールを使ってなぞりましたが、簡単な図形であれば「自分で描いたほうが早い!!」ということもあります。
この翼壁部分も自分で描いたほうが早そうなので、寸法を測って自分で描いてみます。

4.翼壁作成 (作図)
jissen06-04.jpg
計測した寸法でスケッチします。
(長さ:4181mm)

5.翼壁作成 (作図)
jissen06-05.jpg
先に作成した胸壁のパラペット部分を移動/コピーツールでコピーします。

6.翼壁作成 (作図)
jissen06-06.jpg
コピー後は2つのパラペット間を線で結ぶだけです。

7.翼壁作成 (立体化)
jissen06-07.jpg
ひたすら線で結びます。

8.翼壁作成 (立体化)
jissen06-08.jpg
必要に応じてプッシュ/プルツールも使います。

9.翼壁作成 (立体化)
jissen06-09.jpg
ハンチ部分も立体化します。
寸法は初めに測ったのを数値入力します。

10.翼壁作成 (立体化)
jissen06-10.jpg
反対側の翼壁も同じ要領で作成します。
これで躯体部分の完成です。

11.翼壁作成 (グループ化)
jissen06-11.jpg
移動させるためにグループ化します。

12.翼壁作成 (移動)
jissen06-12.jpg
グループ化した躯体部をフーチング上に移動します。

13.橋台立体化完成
jissen06-13.jpg
これで橋台の立体化は完成しました!!

14.仕上げ (色付け)
jissen06-14.jpg
最後に橋台へ色をつけます。
ペイントツールで適当な色をつけます。
グループ化してある図形は一度に着色できます。

15.仕上げ (色付け)
jissen06-15.jpg
基礎も着色します。

16.完成!!
jissen06-16.jpg
完成です!!基本さえマスターすれば意外!?と簡単!?だったと思いませんか?


最後にもう一度この動画をご覧ください。おさらいです。

完成データは こちら

これで実践編は終了です。
意外と簡単に作成できたと思いますが、実際の現場では微妙な勾配等があり単純にプッシュ/プルするだけではモデリングできないことも分かったと思います。

こんなときは自分で線を引く事になるのですが、どうしても面が出来てこなかったり数ミリ寸法が合わなかったりといった事も出てきます。

その時に、意地でもつじつまを合わせたい気持ちも分かりますが、作成しているモデリングの目的に応じて、その数ミリを直すために余計な時間を使うべきか、割り切って他の検討に時間を使うかを考えましょう。

僕の場合は割り切ります(笑)

ただいま「鉄筋編」作成中!!
けど苦戦中。。 いつの日か紹介します。。

PAGE TOP

SketchUpマスター 実践編5 

「SketchUpマスター!!」 実践編の第5回目です!!

前回は「踏掛版受台作成」でした。

今回は「胸壁の立体化」です。

それではスタートです。。

今回も、まず最初にこの動画をご覧ください。これからこれやります。。

前回までの作成データは こちら です。

1.胸壁立体化
jissen05-01.jpg
立ち上げた胸壁を立体化します。

2.胸壁立体化 (分解)
jissen05-02.jpg
移動時にグループ化した胸壁を分解します。
右クリック→分解

3.胸壁立体化 (立体化)
jissen05-03.jpg
あとはひたすら二枚の板の角を線ツールで結んでいくと面ができていきます。

4.胸壁立体化 (立体化)
jissen05-04.jpg
線で結んでいても何故か面ができない時があります。
そんなときは対角上に1本線を引いてみましょう。

5.胸壁立体化 (立体化)
jissen05-05.jpg
ほとんどの場合、これで面が作成されるはずです。
これでも面が作成されない場合は、線と線が交差されていない場合があるので交点を拡大して確認してみましょう。。
また、変化点を見逃している場合もありますので、カーソルを線に這わせて端点がないか確認してみましょう。。

6.胸壁立体化 (立体化)
jissen05-06.jpg
面が作成できたら、消しゴムツールを使って対角線をソフトニングします。
Ctrlキーを押しながら線をクリックするとソフトニングできます。

7.胸壁立体化 (立体化)
jissen05-07.jpg
橋座部をプッシュ/プルツールで引き出します。

8.胸壁立体化 (完成)
jissen05-08.jpg
胸壁が完成しました。




最後にもう一度この動画をご覧ください。おさらいです。

「胸壁の立体化」はこれで終了~
次回は「翼壁の作成/仕上げ」です。。

PAGE TOP

SketchUpマスター 実践編4 

「SketchUpマスター!!」 実践編の第4回目です!!

前回は「胸壁の作成」でした。

今回は「踏掛版受台作成」です。

それではスタートです。。

今回も、まず最初にこの動画をご覧ください。これからこれやります。。

前回までの作成データは こちら です。

1.受台作成
jissen04-01.jpg
次は踏掛版受台を作成します。
先ほど作成した胸壁に受台を追加します。

2.受台作成 (作図)
jissen04-02.jpg
先ほど作成した胸壁の上から、受台部分をインポートした図面どおりに線ツールでなぞります。

3.受台作成 (立体化)
jissen04-03.jpg
プッシュ/プルツールで持ち上げます。
(距離:500mm)

4.受台作成 (立体化)
jissen04-04.jpg
ハンチ部分を追加します。
下側の線を移動ツールで移動させると・・

5.受台作成 (立体化)
jissen04-05.jpg
直方体が台形に変わります。
うまくいかない場合は、はじめに移動させたい線を選択後、移動させるといいでしょう。。

6.受台作成 (立体化)
jissen04-06.jpg
反対側も同じ要領で加工します。

7.受台作成 (立体化)
jissen04-07.jpg
残りの受台も同じように立体化します。

8.受台作成 (グループ化)
jissen04-08.jpg
胸壁と受台部を全て選択し、グループ化します。

9.受台作成 (回転)
jissen04-09.jpg
移動ツールで壁を起こします。

10.受台作成 (移動)
jissen04-10.jpg
起こした面を移動ツールで平面図上に移動します。

11.受台作成 (完成)
jissen04-11.jpg
胸壁部がそろいました。



最後にもう一度この動画をご覧ください。おさらいです。

「踏掛版受台作成」はこれで終了~
次回は「胸壁の立体化」です。。

PAGE TOP

SketchUpマスター 実践編3 

「SketchUpマスター!!」 実践編の第3回目です!!

前回は「基礎/フーチングの作成」でした。

今回は「胸壁の作成」です。

それではスタートです。。

今回も、まず最初にこの動画をご覧ください。これからこれやります。。

前回までの作成データは こちら です。

1.胸壁作成 (作図)
jissen03-01.jpg
次は胸壁を作成します。操作は簡単。
まずはひたすらインポートした図面を線ツールでなぞります。

2.胸壁作成 (作図)
jissen03-02.jpg
なぞる時の注意点!!
SketchUpは推測機能があり便利なのですが、逆に微妙な傾斜を水平に引っ張ってしまう可能性があります。

3.胸壁作成 (作図)
jissen03-03.jpg
怪しい場所は拡大して端点に吸着させるようにしましょう。

4.胸壁作成 (作図)
jissen03-04.jpg
全て線で囲まれると、面が作成されます。
同じ要領で全ての面を作成します。

5.胸壁作成 (グループ化)
jissen03-05.jpg
作成した面を移動を楽にするためにグループ化します。
(面を選択後、右クリック→グループを作成)

6.胸壁作成 (回転)
jissen03-06.jpg
作成した面を立体化するため起こします。
起こす作業は、回転ツールと、移動ツールが使えますが今回は起こした後にすぐ移動させるので移動ツールを使います。
移動ツールを選択します。
面の横っ面にカーソルを合わせ、分度器を出して90度回転させます。

7.胸壁作成 (移動)
jissen03-07.jpg
起こした面を平面図に移動させます。
胸壁(半分)の完成です。

8.胸壁作成 (完成)
jissen03-08.jpg
同じ要領でもう一方の胸壁を作成しましょう。


最後にもう一度この動画をご覧ください。おさらいです。


「胸壁の作成」はこれで終了~
次回は「踏掛版受台作成」です。。

PAGE TOP

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。