スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --

PAGE TOP

情報共有システム提供者が決定!! 


以前中部地整が、情報共有システム提供者を公募してると紹介しましたが・・

提供者が決まったみたいです!!

提供者は、 (株)建設総合サービス さん

って事は・・

電納エスパー ですね。。

今後1年間(工事が完成するまで)は電脳エスパーを使うことになりますが、
使う方々には改良点、要望があればどんどん意見を出してほしいですね。。
そして、それらはサービス提供者だけでなく、みんなにも公表してほしいものです。。
スポンサーサイト

PAGE TOP

電子国土 


ロンドンオリンピックが終わってからも、寝不足が続いています。。

なぜなら電子国土と出会ってしまったから・・

今さら・・ と思う方もいるでしょうが、僕にとっては衝撃的な出会い。。

職場でいろんな測量データを扱っているんだけど、

「この図面がほしい」とか「横断データがほしい」との問い合わせが多く、

その度に書庫やディスクの中を捜索して、あっという間に時間が過ぎていくんです。。

これはもう、なんかええツールを作るしかない!!

と、久しぶりに闘志が沸いてきた訳でございます。。

電子国土を使うと、背景地図は国土地理院のサーバから引っ張ってこれるし、サイトの作り方も丁寧に教えてくれるし、なんだかいけそうな気がしました。。

で、今やっとここまできました。。
電子国土

基準点とかの場所をシンボル表示させて、そこにカーソルを合わせると座標等の簡易情報が、さらにクリックすると別ページで詳細情報が表示されるという仕組み。。 (あくまで構想ですが・・)

これが完成すれば、省力化間違いなし!! のはず・・

現在DMデータを背景地図にしようと試み中だけど、なかなかうまくいかなくて挫折中。。

まあ、休み時間と家でボチボチやって、年度末には完成させよかな・・


PAGE TOP

中部地整が情報共有システム提供者を公募 

やっとか・・ という気がしますが、

中部地方整備局が、平成24年度の発注工事に用いる工事情報共有システムのサービス提供者の公募を開始したそうです。

中部地整HPによると・・

・今年度発注される工事600件が対象で、サービス提供期間は工期末まで。
・選定される提供者は1社(過去の提供実績と値段の総合評価)
・費用は工事費に計上(施工者さんが契約)

といった内容です。

最近まで各社のシステムが相互連携できるよう模索をしていたのですが、それを待っていては前には進まないからとりあえずの方策でしょうか・・

今の職場では工事に関係してないのですが、どこの提供者になるか気になるところ・・
工事の次は、業務でも情報共有システムを早く進めてほしいです。。

PAGE TOP

建設ICT現場見学会の開催情報(8月7日) 


建設ICT現場見学会の情報です!!

8月7日(火)に三重県北牟婁郡紀北町のトンネル舗装工事現場で建設ICT現場見学会が開催されます!!

今回の現場は・・
   平成23年度 紀勢線海山トンネル舗装工事

で、工事延長1,700m、連続鉄筋コンクリート舗装 14,900m2 の工事。


見学できる技術は・・

・スリップフォームペーバのマシンガイダンス技術
nippo_img_05.jpg
↑TOPCONさんHPより引用↑

・出来形管理用トータルステーション

です。

スリップフォームのMC技術の見学会は中部では初との事です。。

TOPCONさんの紹介をみる限り、TSが2台置いているみたいですが、連続施工していくには、その背後には沢山のTSが控えてるはず。。 それを確認してみたい。。



建設ICT見学会の詳細は 「建設ICT総合サイト」 に掲載されています。

PAGE TOP

熱中症対策に。。 ~異常天候早期警戒情報~ 

もうすぐ暑い夏がやってきます。。

暑くなれば心配になるのは 熱中症 です。。

そんな熱中症対策に有効な情報が気象庁より発表されています。。

異常天候早期警戒情報
 といういかにもお堅い情報ですが・・

情報の発表5日後から7日間の平均気温が平年に比べて「かなり高い」かかなり低いとなる確立が30%以上ある場合に発表されるとのこと。。

なんとなくわかりました。。
かなり暑い と 寒い の定義がなかなか難しいですが、平年と比べて大体3℃位違うと情報がでるのかな。。

気象庁によるとこの情報を用いることによって・・

 体が暑さに慣れるためには数日から2週間程度の時間が必要といわれています(暑熱順化)。
 暑熱順化は日常運動によって獲得することができることから、ウォーキングなどで意識的に汗をかく機会を増やすなどして、 暑さに負けない体作りをする準備を始めることができます。
 また、イベントや屋外活動等においては、飲料水や日蔭の確保など、熱中症対策の準備をあらかじめ進めることができます。

とのことです。

ちなみに現在発表されている情報は・・
000.png

北海道で低温注意との事です。。 農作物の管理に要注意!!

今後の熱中症対策等にお役立てください。。

PAGE TOP

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。