スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --

PAGE TOP

年末年始で SketchUpをマスター!! 総集ページ開設 

昨日まで「年末年始で SketchUpをマスター!!」初級編をお送りしました。
誰か実践してくれたでしょうか・・

ブログ形式だと見にくいので、教科書形式版を作りましたので、もしこれから始める方いましたら、こちらも試してみてください!!
kisohen.jpg
ブックマーク欄にもリンク貼ってあります→→

そしてもうすぐ・・・
jissen00-01.jpg
実践編をスタートさせます。
実践編では設計図面から橋台を作っていきます。

お楽しみに!!

スポンサーサイト

PAGE TOP

年末年始で SketchUpをマスター!! 8 

「年末年始でSketchUpをマスター!!」 初級編の最終回です!!

これまでマスターした機能を利用して適当橋台を作成します。

まず最初にこの動画をご覧ください。(約6分あります。)
これからこれやります。。
6分も見ていられない方は早送りバージョンをどうぞ。

それではスタートです。。


1.完成予想図
kihon08-28.jpg
それではこれまでの復習として、適当橋台を作って見ましょう。
完成したらこんな感じです。
これから出てくる寸法は適当に変更しても構いません。

2.土台を作る
kihon08-01.jpg
長方形ツールで土台を作成します。
寸法(14000,7000)

3.土台を作る
kihon08-02.jpg
プッシュ/プルで立体化します。
距離(2000)

4.補助線を入力
kihon08-03.jpg
これからの作業のために補助線を描きます。
長さ(1500)長さ(2000)

5.補助線を入力
kihon08-04.jpg
翼壁用補助線も描きます。
長さ(500)

6.補助線を入力
kihon08-05.jpg
寸法線を参考に反対側にも補助線を描きます。

7.スケッチ
kihon08-06.jpg
翼壁等をスケッチします。

8.スケッチ
kihon08-07.jpg
赤線のようにスケッチします。

9.立体化
kihon08-08.jpg
躯体部をプッシュ/プルで立体化します。
距離(4000)

10.立体化
kihon08-09.jpg
同じく翼壁部をプッシュ/プルで立体化します。

11.補助線を入力
kihon08-10.jpg
補助線を描きます。
長さ(1000)

12.スケッチ
kihon08-11.jpg
下がり部分を補助線に沿ってスケッチします。

13.立体化
kihon08-12.jpg
下がり部分をプッシュ/プルで作成します。
距離(1000)

14.補助線を入力
kihon08-13.jpg
踏掛板受台部用補助線を描きます。

15.スケッチ
kihon08-14.jpg
踏掛板受台部を補助線に沿ってスケッチします。

16.立体化
kihon08-15.jpg
踏掛板受台部をプッシュ/プルで立体化します。
距離(500)

17.立体化
kihon08-16.jpg
踏掛板受台部を移動ツールを用いて整形します。
下部の線を選択後、移動ツールを選択、下方に引っ張ります。
長さ(500)

18.グループ化
kihon08-17.jpg
受台部コピーするため、グループ化します。
任意の面を選択し、右クリック→選択→接続面とクリック

19.グループ化
kihon08-18.jpg
はじめに選択した面に接続した面全てが選択状態になりました。

20.グループ化
kihon08-19.jpg
ここで、右クリック→グループを作成を選択し、グループ化完了です。

21.コピー
kihon08-20.jpg
受台部を右方向にコピーします。
受台部を選択後、移動ツールを選択。
Ctrlキーを押してコピーモードに切り替えます。
そして右方向にコピーします。
長さ(2100)

22.コピー
kihon08-21.jpg
右方向に配列コピーをします。
「*5」を入力します。

23.コピー
kihon08-22.jpg
配列複写ができました。これで形は完成しました!!

24.グループ化
kihon08-23.jpg
完成した形をグループ化します。
橋台部分のどっかでトリプルクリックをすると全体が選択されます。右クリック→グループを選択します。

25.グループ化
kihon08-24.jpg
グループ化完了!!

26.着色
kihon08-25.jpg
作成した形に着色していきます。
ペイントツールを選択します。
適当な色をクリックしてから橋台部をクリックしてください。
選んだ色に着色されます。
(橋台をグループ化してあるので、1点だけのクリックで全ての同じ色にかわりました。)

27.着色
kihon08-26.jpg
受台部はグループ化してなかったので、先ほど着色されませんでした。
同じ要領で着色しましょう。

28.完成!!
kihon08-27.jpg
これで完成です!!単純な構造であれば意外と簡単に作成できる事が分かったと思います。

29.完成!!
kihon08-28.jpg
別の角度から。


最後にもう一度この動画をご覧ください。おさらいです。

初級編はこれで終了です。
お付き合い有難うございました。。

PAGE TOP

年末年始で SketchUpをマスター!! 7 

「年末年始でSketchUpをマスター!!」 初級編の第7回目です!!

前回は「フォローミーで立体化」をマスターしました。

今回は「その他の機能」です。

それではスタートです。。

1.その他 (尺度の変更)
kihon07-01.jpg
既存の設計図面から3次元化をする場合、まずdwg等のデータをインポートします。その後、必ず確認が必要なのは縮尺がどうなっているか。。
メジャーツールを使って確認してみましょう。
(今回分かりやすいように寸法入れてあります。)

2.その他 (尺度の変更)
kihon07-02.jpg
メジャーツールを選択します。
角から角を選択して計測します。
計測値は右下の数値入力ボックスに表示されます。

3.その他 (尺度の変更)
kihon07-03.jpg
例えば、図面上本当は横幅が6000mmだった場合、尺度を変更する必要があります。
操作は簡単!! 数値入力ボックスに正しい寸法を入力してEnterを押すだけです。

4.その他 (尺度の変更)
kihon07-04.jpg
はいボタンを押せば・・・

5.その他 (尺度の変更)
kihon07-05.jpg
図面全体の尺度が変わりました。
気を付けなければならないのは、この操作をすることによって、作業している全てが尺度変更されてしまということです。

6.その他 (補助線を描く)
kihon07-06.jpg
次に補助線を描いてみましょう。
これもメジャーツールを使います。
描きたい補助線と平行となる線(角以外)を選択して起点を設定します。

7.その他 (補助線を描く)
kihon07-07.jpg
起点となる線からの距離を入力すると補助線が描けました。
補助線は点線で表示されます。

8.その他 (補助線を描く)
kihon07-08.jpg
同じように描いてみましょう。
基準となる線に平行な補助線を引きたい場合は、基準線の角以外をクリック。

9.その他 (補助線を描く)
kihon07-09.jpg
垂直方向に引きたい場合は、基準線の角をクリックします。

10.その他 (補助線を描く)
kihon07-10.jpg
適当な位置でクリックすると基準線に垂直な補助線が描けました。

11.その他 (補助線を描く)
kihon07-11.jpg
この補助線は、分度器ツールを使っても描くことが出来ます。
この場合、基準線から角度を持たせた補助線がかけます。




「その他の機能」はこれで終了~
そして初級編も一通りの説明はこれで終わりです。
次回は今までマスターした事を利用して適当に橋台を作ります!!

PAGE TOP

年末年始で SketchUpをマスター!! 6 

「年末年始でSketchUpをマスター!!」 初級編の第6回目です!!

前回は「平面図から立体化」をマスターしました。

今回は「フォローミーで立体化」です。

それではスタートです。。

今回も、まず最初にこの動画をご覧ください。これからこれやります。。


1.フォローミーで立体化
kihon06-01.jpg
次はフォローミーツールを使って立体化をします。
配筋図から3D鉄筋組立図を作成することを意識しています。

スケッチアップデータは こちら

2.フォローミーで立体化
kihon06-02.jpg
フォローミーツールは元となる図形と、沿わせる線が垂直でなければなりません。
この垂直に配置する時にまた問題が・・
元の図形を垂直にすることができないんです。。

3.フォローミーで立体化
kihon06-03.jpg
ここでまた面揃え用の箱を作成して、面を合わせをします。

4.フォローミーで立体化
kihon06-04.jpg
Shiftキーを押しながら円を描きたいところまで持ってきます。

5.フォローミーで立体化
kihon06-05.jpg
今回は半径20で円を描きました。
これでやっと準備が整いました。

6.フォローミーで立体化
kihon06-06.jpg
準備が出来れば後は簡単!!フォローミーツールを選択します。
そして、元となる図形を線に沿わせるようにドラッグするだけです。

7.フォローミーで立体化
kihon06-07.jpg
最終点に行くまでドラッグし続けてください。

8.フォローミーで立体化
kihon06-08.jpg
完成です。
ドラッグを最後までし続ける自身が無い方は、先に沿わせる線を選択した後にフォローミーツールを選択して、元図形をクリックする方法もあります。

9.フォローミーで立体化
kihon06-09.jpg
こちらの図形も同じように面を揃えてから円を描きます。

10.フォローミーで立体化
kihon06-10.jpg
そして、フォローミーツールで元図形をドラッグしていきます。

11.フォローミーで立体化

kihon06-11.jpg
沿わせていく線が長い場合で、うまく沿わせていくことが出来ない場合は、線をさするようにすると前に進む事ができます。

12.フォローミーで立体化
kihon06-12.jpg
完成です。



最後にもう一度この動画をご覧ください。おさらいです。

「フォローミーで立体化」はこれで終了~
次回は「その他の機能」です。。

PAGE TOP

年末年始で SketchUpをマスター!! 5 

「年末年始でSketchUpをマスター!!」 初級編の第5回目です!!

前回は「回転」をマスターしました。

今回は「平面図から立体化」です。

それではスタートです。。

今回も、まず最初にこの動画をご覧ください。これからこれやります。。

1.平面図から立体化 (回転ツール)
kihon05-01.jpg
次は平面図から立体化していきます。
2D図面からの3次元化を意識しています。
この図は、面を起こすために回転させたいのですが、分度器が平面方向にしか向いてくれない状態を示しています。

2.平面図から立体化 (回転ツール)
kihon05-02.jpg
こういう時は、面揃え用の箱をつくりましょう。
そして、その箱に分度器を持っていって、Shiftキーを押して面を固定します。

3.平面図から立体化 (回転ツール)
kihon05-03.jpg
Shiftキーを押したまま回転させたい面の軸をクリックします。

4.平面図から立体化 (回転ツール)
kihon05-04.jpg
そして始点を指定して回転角度を入力します。

5.平面図から立体化 (回転ツール)
kihon05-05.jpg
一度面を作ってしまば、その面を使って次の面を回転させる事ができます。

6.平面図から立体化 (回転ツール)
kihon05-06.jpg
同じ作業を繰り返して箱の出来上がり!!

7.平面図から立体化 (移動ツール)
kihon05-07.jpg
次は移動ツールを使った立体化です。
起こしたい面を選択してから移動ツールを選択します。
そして、起こしたい面(グループ化してあります)の横っ面にカーソルを合わせると、赤い「」マークが出てくるのでそれをクリックします。
すると分度器が表示されます。

8.平面図から立体化 (移動ツール)
kihon05-08.jpg
そして、数値入力「90」で面を起こします。
しかしこれだと面が底面と離れてしまいました。

9.平面図から立体化 (移動ツール)
kihon05-09.jpg
そこで、移動ツールのままで起こした面の角をクリックし、底面の角に吸着させて移動完了です。


最後にもう一度この動画をご覧ください。おさらいです。

「平面図から立体化」はこれで終了~
次回は「フォローミーで立体化」です。。

PAGE TOP

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。