FC2ブログ

3Dレーザスキャナです。。 

久しぶりのエクセルイラストです。

今回は3Dレーザスキャナです。

普通スキャナというと写真や絵をパソコンに取り込んだりするときに使用しますが(今はそれもあまりしないかも・・)この3Dレーザスキャナは、自分でぐるぐる回りながら目の前にあるものを立体的に取り込む事ができるんです。。

今は測量作業等で多く使われているみたいですが、今後工事現場でもどんどん使われるようになればと考えています。。

例えば、工事着手前に地形状況をスキャン。その後作業の節目毎にスキャンして出来形管理したり、掘削土量の把握をしたりと大活躍するはず。すでに大規模な工事では採用されているみたいですがなかなか普及はしていないみたいです。

↓この前の見学会で実際の現場をスキャニングした時のものです。
P1050945.JPG

それはなぜか? いつものとおり機器が高いことと、管理要領がないので発注者がそれを認める事ができないということが言えます。

一体いくらするのか調べてみたら、精度のいいやつでは

110万円!!それも1週間のリース料で!!


そういやこの前の見学会でメーカの人が大事に扱っていたなぁ・・

値段も安くなって出来形管理要領もできれば間違いなく普及するはずです。

まずはこのレーザスキャナが今後の工事現場に使えるものだって事をPRしていきたいと思います。。

エクセルデータは こちら です。
スポンサーサイト



PAGE TOP

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ