FC2ブログ

RTK-GNSSで出来形管理 

情報技術を利用した代表的なものとして、従来の巻尺・レベルに代わって、施工管理データ搭載したトータルステーションを使用した出来形管理が徐々に普及しつつあります。

そして今、「RTK-GNSS」を使用した出来形管理があらたに現場に適用されようとしています。

中部地方でも数件その試行工事が実施されることになり、先日その説明会に参加してきました。

GNSS出来形管理の最大の特徴は、一度基地局を設置してしまえば後は一人で測量アンテナを持って測定ができるということでしょうか・・

GNSSを使用する上でどうしても心配なのは計測誤差です。TSに比べるとやはり誤差は大きい。
なので、まずあらかじめ座標が分かっている地点(基地点)を計測して誤差がXY方向20mm、Z方向30mmに入っているか確認してから出来形計測をスタートするとのこと。で、出来形計測の最後にまた基地点を計測して誤差範囲に入っていれば、計測データとして認められるとの事です。
GNSS出来形管理1

説明会では机上の説明だけでなく、実機を使ったデモと体験もしてくれたので参加者、特に今度現場で使う施工者さんは感じがつかめて不安も少なくなったのではないでしょうか。実際に手にとってみるのがやっぱり一番ですね。
GNSS出来形管理2

GNSS出来形管理はまだ試行段階で、出来形管理用ソフトもTS用を流用している段階なので、使い勝手の点でいろいろ改良の余地がありそうです。今回実際の現場で試行することによって現場の声が反映されるといいですね。

GNSS管理要領や今回の説明資料は建設ICT総合サイト(モデル工事支援)に掲載されていますので興味がある方はみてみてください。

スポンサーサイト



PAGE TOP

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ