FC2ブログ

雪見酒 

待ちに待ってました!! 大晦日!!

こてつ家恒例の昼からお酒!!
(嫁から認められているのは盆と正月の2回のみ)

昼間っからのお酒は格別です。。

そして今日は・・・
P1100651.JPG

雪も降り出し 雪見酒 となりました。。

なかなかいい感じ。。

恐らくですが、このままいくと気が付いたら年が明けてるパターン。。
スポンサーサイト



PAGE TOP

年末年始で SketchUpをマスター!! 5 

「年末年始でSketchUpをマスター!!」 初級編の第5回目です!!

前回は「回転」をマスターしました。

今回は「平面図から立体化」です。

それではスタートです。。

今回も、まず最初にこの動画をご覧ください。これからこれやります。。

1.平面図から立体化 (回転ツール)
kihon05-01.jpg
次は平面図から立体化していきます。
2D図面からの3次元化を意識しています。
この図は、面を起こすために回転させたいのですが、分度器が平面方向にしか向いてくれない状態を示しています。

2.平面図から立体化 (回転ツール)
kihon05-02.jpg
こういう時は、面揃え用の箱をつくりましょう。
そして、その箱に分度器を持っていって、Shiftキーを押して面を固定します。

3.平面図から立体化 (回転ツール)
kihon05-03.jpg
Shiftキーを押したまま回転させたい面の軸をクリックします。

4.平面図から立体化 (回転ツール)
kihon05-04.jpg
そして始点を指定して回転角度を入力します。

5.平面図から立体化 (回転ツール)
kihon05-05.jpg
一度面を作ってしまば、その面を使って次の面を回転させる事ができます。

6.平面図から立体化 (回転ツール)
kihon05-06.jpg
同じ作業を繰り返して箱の出来上がり!!

7.平面図から立体化 (移動ツール)
kihon05-07.jpg
次は移動ツールを使った立体化です。
起こしたい面を選択してから移動ツールを選択します。
そして、起こしたい面(グループ化してあります)の横っ面にカーソルを合わせると、赤い「」マークが出てくるのでそれをクリックします。
すると分度器が表示されます。

8.平面図から立体化 (移動ツール)
kihon05-08.jpg
そして、数値入力「90」で面を起こします。
しかしこれだと面が底面と離れてしまいました。

9.平面図から立体化 (移動ツール)
kihon05-09.jpg
そこで、移動ツールのままで起こした面の角をクリックし、底面の角に吸着させて移動完了です。


最後にもう一度この動画をご覧ください。おさらいです。

「平面図から立体化」はこれで終了~
次回は「フォローミーで立体化」です。。

PAGE TOP

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ