FC2ブログ

建設ICT現場見学会in豊橋 開催される!! 

今日は愛知県豊橋市で現場見学会がありました。。

前回の名古屋に続いて今回も悪天候により延期となったのですが、たくさんの方が参加されました。そして・・

ナント!! 九州からの参加者も!!

最初にみんなで集合し、施工者さんの使ってみた感想、開発者、発注者への要望事項等の話を聞きました。

見学会の参加者は、メリットよりもデメリットを聞きたいという方が多いので、デメリットを中心に説明してもらいました。。

この現場で一番の問題点は・・

GPSの電波状態が悪い!!

と言うことでした。現場は竹薮があるものの、その他の条件は特に悪くないように見えるのですが、1日3時間くらいシステムが使えなくなることもあるとの事でした。
現場全体写真

導入前には、事前に衛星の受信状態チェックを念入りに行うよう、今後の注意点がまた一つ浮かびました。
この現場では、衛星が受信できないときはブルについては、従来と同様マニュアル操作にて対応しているとのこと。しかし、ICTローラについては、軌跡を記録できないので何も作業ができないとのことです。

技術体験では・・・

ICTローラー ・・・
ICTローラー

ICTブル ・・・
ICTブル

TS集中講習 ・・・
4人1組で1台のTSを操作体験します。
TS集中講習

TS出来形用基本設計データ作成・・
今回の現場用の基本設計データを発注図から実際につくります。
基本設計データ作成

を実施。説明するスタッフさんも寒い中頑張っていただきました。。


僕も合間をぬって全てのブースを廻ったのですが、ICTブルでちょっとした施工者さんの工夫が見られましたので紹介します。。
ちょっとした工夫1

運転席キャビンの柱に何やら貼ってあります。。よ~くみると・・
ちょっとした工夫2
「丁張り用データ」とあります。

 盛土の場合、30cm毎に盛り立てていきますが、ICTブルに搭載する設計データは通常完成形断面(今回の現場は15層目を設計データとしているようです)です。ですからオペさんは盛り立てを行う前に、完成断面より「-1.8m」等の数値をシステムに打ち込む必要があります。

この表はその数値を一覧にしたものなんです。
今日の場合は、20層目なので、設計上は+1.5m、それに締め固め代の2cmを足して「+1.52m」とシステムに入力していました。
数値入力

ちょっとした工夫ですが、オペさんにとっては分かりやすくていいですね。。

今日もまたカメラ回してきましたので、興味ある方は こてつの動画部屋 へお越しください。

今年度はあと3回現場見学会を開催します。。
次回は2月4日長野で。現場生中継もやる予定。。時間ある方はみてください。。
スポンサーサイト



PAGE TOP

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ