FC2ブログ

SketchUpマスター 鉄筋編 6 

「SketchUpマスター!!」 鉄筋編の第6回目です!!

前回は「鉄筋組立て3」でした。

今回は「鉄筋組立て4」です。

それではスタートです。。

今回も、まず最初にこの動画をご覧ください。これからこれやります。。

1.鉄筋組立て4
tekkin06-01.jpg
前回まではフーチング上面の鉄筋組立てを行いました。
ここからは事前に作成した下面の鉄筋と、上面鉄筋を組み合わせていきます。
前回までのデータは こちら です。

2.鉄筋組立て4(準備)
tekkin06-02.jpg
フーチングの上面と下面を組み合わせるための準備作業として、まず目印を作成します。
目印は、上面と、下面を合体させるのですから、鉛直方向に共通な場所をみつけます。
構造物の外形線の交点がいいでしょう。
この目印は、鉄筋を構造物と合体させるためにも使います。
目印は線ツールで三角形をかきます。
そして、グループ化しておきます。

3.鉄筋組立て4(準備)
tekkin06-03.jpg
目印を作成したらグループ化をしておきます。
上面、下面とも同様に目印を作成してください。

4.鉄筋組立て4(準備)
tekkin06-04.jpg
次に上面と下面鉄筋の間隔となる補助線を描きます。
先ほど作成した下面側の目印に鉛直方向の補助線1,500mmを描きます。

5.鉄筋組立て4(合体)
tekkin06-05.jpg
準備が終了したら上面と下面鉄筋を合体させます。
上面側鉄筋の目印を起点として、先ほど作成した補助線の端点に吸着させます。

6.鉄筋組立て4(修正)
tekkin06-06.jpg
これでフーチングの鉄筋組立てが終了した・・
と思いきや、F7鉄筋がうまく下面鉄筋とかみ合っていません。
これからこれを修正していきます。

7.鉄筋組立て4(修正)
tekkin06-07.jpg
まずF7鉄筋郡を選択し、右クリック→グループを編集を選択します。これでF7鉄筋郡のみ編集が可能となりました。

8.鉄筋組立て4(修正)
tekkin06-08.jpg
次に、どれでもいいので1個鉄筋を選択し、右クリック→コンポーネントを編集を選択します。
これで、最初に作成したF7鉄筋の編集が可能になりました。

9.鉄筋組立て4(修正)
tekkin06-09.jpg
次の工程で下側の鉄筋を下に移動させるのですが、他の鉄筋が多くて思ったように鉛直方向に移動させる事ができないので、移動用の補助線を1本作成します。
他の鉄筋とかぶらなければどこに作成しても大丈夫です。

10.鉄筋組立て4(修正)
tekkin06-10.jpg
そして、先ほど描いた補助線を利用して、下側の鉄筋を移動させます。
1つの鉄筋を移動しただけなのに、コンポーネント化した全てのF7鉄筋が同様に修正されました。
これがコンポーネント化の最大のメリットです。

11.鉄筋組立て4(修正)
tekkin06-11.jpg
これで下側の鉄筋にかみ合いました。

12.鉄筋組立て4(完了)
tekkin06-12.jpg
これで、フーチング部の鉄筋が完成しました。


次は「橋台に鉄筋配置」です。
スポンサーサイト



PAGE TOP

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ