スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --

PAGE TOP

建設ICT導入普及研究会総会に参加 


昨日、建設ICT導入普及研究会 第2回総会 が開催されました。

総会1

こてつも前回に続き参加。。

今後の方針を確認したかったんです。。

で、もっとも聞きたかったのが「中部標準化」です。。

総会2

資料を見てみると・・

【中部標準化とは】
・「土工」と「舗装工」においては、建設ICT技術を活用することが従来施工と比較し、同等以上の効果を検証
・上記の工種にて建設ICT技術を活用する場合は優位性があるため、優位な技術の普及促進をするためにインセンティブを付与
・監督検査における効率化も確認されているため、監督検査要領等のポイントをまとめた現場の手引きを作成

???

なんのこっちゃ分かりません。。

会場での説明によりますと・・
24年度も引き続き、総合評価での加点等のインセンティブ付与の一層の強化や、発注者指定型(ICT機器代をみる)での発注を継続していくとのこと。。

今回の総会では、「来年度の具体的な方針について報告」とあったので、拍子抜けしてしまいました。。

この地方だけ勝手なことするな!!ってどっかから圧力でもかかったんでしょうか???
ただ今回の総会には方針がまとまらなかっただけかな??(そう願います。)

これからも、がんばれ中部の建設ICT!!




スポンサーサイト

PAGE TOP

揖斐川の産業遺産展 

今日は昼から揖斐川町にお出かけしていました。

目的は・・

「揖斐川町の流れと産業遺産」
展をみるため。。



この企画展は揖斐川町が主催したもので、古くから揖斐川が果たしてきた役割と、そこに築かれ地域の近代化に貢献した産業遺産の数々を紹介するというもの。。(パンフより抜粋)

展示室には・・
・揖斐川の船運と生業
・道路交通の発展
・電源開発の足跡
といったテーマに分けて、昔の写真や図面、当時使われていた道具等が展示されていました。

今回の企画展のために学芸員さんが町内を巡り、沢山の資料収集や、取材を行われたとのこと。

ずっと昔、つり橋を架け替えるためにお金を借りた時の借用書まで残っているのには驚き!!


うちの営業所も一部協力。。
図面はダムの放流設備の構造図です。。
この図面は、最近書庫の整理をしていた時に僕が見つけたもので、完成図ではなく請負者さんが発注者に提出した承諾図書の一部。図面のほかにも議事録も残されており、当時のやりとりがよく分かります。


今日は「郷土に残る産業遺産」という題で岐阜産業遺産調査研究会の高橋先生の講演も開催され、会場は満員。。
この高橋先生は、元工業高校の機械科の先生で、僕にとっては授業を聞いているみたいで懐かしく感じました。。
(おそらく女性の方は???って感じだったでしょう。。)


今回の展示会を見て、100年以上前の資料や写真が沢山残されていることに関心しました。
書類は大丈夫として、我々が今撮っている写真は当たり前のようにデジカメで電子データで保存しています。。
このデータが100年先まで保存されるのか疑問です。
後世に残しておかなければならない記録(写真)は、印刷などして紙に残しておくなりしないと、僕達が今築き上げている歴史が残らないんじゃないかと不安になりました。


揖斐川の流れと産業遺産」は3月18日まで開催しています。。
240203poster.jpg

PAGE TOP

車の地デジ化 


みなさんはもうおすみですか??

地デジ化。。 車の。。

こてつも前からやろうと思ってたけど、なかなか出来なかった。。

その理由は、値段が高いこと・・

ナビごと交換するのはもったいないし、チューナだけでも1万円以上するしで、もう諦めていました。。

けど良い商品を見つけちゃいました!!

マスプロ社製のMOVT2です!!

ナント!! 2980円!!

IMG_2267.jpg

この商品の特徴は、既設のナビやテレビのチューナーといちいち接続しなくていいこと。。

マスプロHPより
「本セットは,受信したワンセグを本体でVHFのアナログ信号に変換して,既設のアンテナに再送信(特許出願中)するしくみですから,アナログチューナー搭載カーナビやアナログカーテレビで簡単にワンセグを見られます。AVコードでの接続がないため,コンソールパネルを外しての作業が不要になり,簡単に設置できます。」

iphone_20120219171207.jpg

早速購入して、フィット君に設置しました。。
設置はいたって簡単。。
アンテナを、既設のフィルムアンテナに重ねて貼り付け、リモコン用受光部とパーキング配線をするだけ。。
電源もシガーに挿すだけです。。

アンテナを貼り付ける時は、テスト画面を見ながら一番映りが良いとこにするのがポイントですが、それほど慎重にやらなくても大丈夫でした。。
iphone_20120219171246.jpg

あとは、画面の説明にしたがってセッティングしていくだけです。。
岐阜市西部ですが、ほとんどのチャンネルを受信しました。。
(受信の感度は、ゴリラより良いみたいです。。)
iphone_20120219171326.jpg

映り具合はこんな感じ。。
iphone_20120219171403.jpg
すごく綺麗とは言えませんが、アナログの時よりはいいかなと言う感じです。。

安いわりに「番組表」や「字幕」機能もついて、何より設置が簡単というのがGOODです!!

みなさんもお一ついかが??

PAGE TOP

水陸両用ブルドーザ 


今、木曽川の中で、特殊なブルドーザが活躍しています。。

水陸両用ブルドーザです。。

水陸両用ブルドーザはその名のごとく、水中も掘削できるブルドーザで、ラジコンで操作するとのこと。。

残念ながら僕は見たことないのですが、hikouki061625さんがYOUTUBEにアップしてくれてました。

【hikouki061625 さんのYOUTUBEより】

この水陸両用ブルドーザがナント!! 全国放送デビューするそうです!!
(今までもあったかな??)

テレビ東京系列で放送されている「和風総本家」の「日本をささえる凄い機械」というコーナーで紹介されるとのこと。。

3月22日(木)19:58~

興味ある方は見てください。。

PAGE TOP

情報化施工推進会議 を勝手に紹介NO.4 


第9回情報化施工推進会議での資料を勝手に紹介する企画 第4回

今回は、工事成績評点について紹介します。

情報化施工推進会議では、情報化施工の活用効果を工事成績という観点から分析したとのこと。
情報化施工技術を活用した工事と活用していない工事の成績評点を比較しました。

工事成績が良い=工事(全体)の品質が良い
→それは情報化施工技術を使っているから?? となるでしょうか・・
1-4-1.jpg

まず、工事全体の評点で見ると・・

土工事で2.9点 、 舗装工事で1.5点 活用工事のほうが高い結果となりました。
1-4-2.jpg

次に、評点の内訳で見ると・・

「施工状況」「出来形および出来ばえ」「創意工夫」の項目の評定点が活用されていない工事より高い結果となりました。

「創意工夫」が高いのは、「情報化施工を使った加点」によるものとのこと。

土工の「出来形および出来ばえ」項目の評価の高さが目立ちます。

1-4-3.jpg

技術ごとの項目別評点を見てみると・・

MGバックホウの「出来形および出来ばえ」点がナント3.9点も高い事がわかります。

MCモータグレーダの「施工状況」点の-1.1点の理由を知りたいところですが・・
1-4-4.jpg

今回の結果を見ると、情報化施工技術を活用した工事が成績評定が高いことがよく分かりました。

けど、単純に情報化施工技術を使っているから成績評定が高いと言う訳ではないと思います。

新しい技術を使うということは、施工者さんにとっても負担がかかるし、不安も沢山あると思います。
そんな中、果敢にも新しい技術に取り組もうとされている会社や技術者さんていうのは、情報化施工技術以外の通常の事についても、意欲的に取り組まれてると現場を見て強く感じました。。
そのことは、監督者や検査官にも間違いなく伝わってるはずです。。

良い技術者+良い技術の融合=工事成績UP なんです。。

PAGE TOP

解体工事 


今週から、営業所の旧庁舎解体工事が本格化しました。

ダムと同じく完成後48年が経ち、老朽化と耐震不足等の理由から解体されることになったのです。。

iphone_20120221210539.jpg

48年間の歴史ある建物が、たった2週間で消えてしまうとのこと。

今までありがとうございました。。

PAGE TOP

情報化施工推進会議 を勝手に紹介NO.3 

第9回情報化施工推進会議での資料を勝手に紹介する企画 第3回

今回は、アンケート調査の結果について紹介します。

まず、「活用の目的は?」の問いです。

MCグレーダ、TS出来形では「情報化施工の経験・人材育成」との回答が一番多かったとのこと。
やはり、H25年度の一般化に向けて経験を積んでおきたいとの想いがあるのでしょうか・・
施工品質の向上」を期待する声があるかと思ったのですが、少なかったのが意外でした。

その他、MGバックホウは「作業時間の短縮」、MC/MGブル・TS締固め技術は「施工品質の向上」との回答が多くありました。

コスト縮減」を目的にしている方は誰もいないとの結果は、情報化施工における現状の課題を大きく反映したものとなっています。

1-3-2.jpg

「MCグレーダの活用効果は?」

ナント!!回答者の全員が、「作業が効率化した」と回答しました!!

また、「施工品質」や「安全性」も6人中5人が向上したと回答しました。

しかし全てがいいと言う訳ではありません。唯一「工事基準点の設置作業」が従来と比べて非効率化したとの回答がありました。

「TSとモータグレーダの見通しを確保するためにTSを設置できる工事基準点を増設した」というのが理由だそうです。平坦な直線道路の現場等は注意が必要です。
1-3-3.jpg

「TS出来形の活用効果は?」

4割以上の方が、「従来と比べて非効率化した」という結果になりました。
(ここまで悪い結果になるとは・・)

内訳を見ると・・
・事務所内準備作業(基本設計データ作成等)
・工事基準点の設置作業
・発注者への提出資料(施工計画書、設計データのチェックシート)
について、非効率となっているとの意見です。

これらの意見は、初めての経験者に多いことから、経験を重ねることにより解消できるものを思われますが、初めて使う方の不安をなくすようなマニュアル等の整備が必要です。

ちなみに施工計画書の記載例は建設ICT総合サイトにものってます。。

1-3-4.jpg

「MGバックホウの活用効果は?」

MGバックホウも、回答者の全員が、「作業が効率化した」と回答しました!!

「施工中の検測作業」、「補助作業員」が現状より効率化し、それと連動して「安全性」も向上したとのこと。。

しかし、TSと同じように事前準備作業、基準点の設置作業、発注者への提出作業について、非効率化したとの意見もありました。

1-3-5.jpg


最後に「普及に向けた要望は?」

施工者さん、監督職員、検査職員共通の要望として・・
・機器類の容易な調達環境(台数、価格)
・現場の適用条件や判断基準の明確化


があげられました。
この要望は前から変わらずなのですが、現場の適用条件については今回のアンケート等によりある程度見えてきてるはず。。
それらをまとめてもらって、各技術の(メリットがでる)適用可能範囲を明確にしてもらいたいですね。


資料は情報化施工推進会議HPより入手できます。。



次回は工事成績評定について・・



1-3-12.jpg

PAGE TOP

氷点下の森 

この週末は、高山のほうへ出かけてました。。

どうしても行きたかったところがあったんです。。 

それは・・

氷点下の森  です。。

氷点下の森は、秋神温泉の主人が、山から引いてきた水を森の樹木にかけて作り出す氷の芸術作品です。


高山市内から車で約1時間。。
前日からの積雪で道中ずっと真っ白い道で、神経すりへりました。。

しかし森につくと、その光景に疲れも吹っ飛びました!!
氷点下の森

日光を浴びてアイスブルーに輝く氷の数々。。

制作作業のほとんどを主人が自分でやっているということに驚きです。。
ちなみに主人は「氷の王様」と呼ばれているそうです。。



写真ではその綺麗さがなかなか伝わらないところが残念ですが、一見の価値あり!!

氷点下の森は3月まで見られるとのことなので、みなさんも高山に来られるときは、ちょっと足を延ばしてみてはいかがでしょうか??









↑パノラマ写真↑

fullsize

PAGE TOP

情報化施工推進会議 を勝手に紹介NO.2 

第9回情報化施工推進会議での資料を勝手に紹介する企画 第2回

今回は、情報化施工技術の活用工事件数について紹介します。

まず、工事全体としては、平成22年度の活用件数は21年度と比較して約1.7倍増加しているとのこと。
また、年々河川土工への活用が増えていることがわかります。

そして、工事ランク別では、「一般土木C」の増加がよく分かります。これは「情報化施工技術の普及を中小企業に広めたい」
という想いが現実になってきたことをあらわしているのではないでしょうか。。

1-2-1.jpg

下のグラフは、施工者希望型と発注者指定型の割合を示したものですが、H21年度以降施工者希望型が増えているのがわかります。
1-2-2.jpg

技術別の活用件数を見てみると・・
平成25年度に一般化が予定されているMCグレーダとTS出来形が大幅に増加(だから一般化できるとなった)
また、TS/GNSS締め固めも大幅に増加しています。(河川、道路土工ともに適用できるからでしょうか)
1-2-3.jpg

技術別に見た発注者指定型/施工者希望型の割合は、MCグレーダが飛躍的に施工者希望型が伸びています。
1-2-4.jpg

最後に、過去の施工経験の有無ですが、MCグレーダ以外はほとんどが初めて活用したとの結果になりました。

1-2-5.jpg

この結果を見て感じたのは・・
MCグレーダの活用は道路大手施工会社さんが積極的に活用している って事です。
その他の技術はCランク級の施工者さんが、初めて情報化施工技術を使われています。
大事な事は、使ってみて実際どうだったのか?また使いたいか?ということ。。

次回は、アンケート結果について勝手に紹介します。。



資料は情報化施工推進会議HPより入手できます。。

PAGE TOP

第9回 情報化施工推進会議が開催されました!! 

2月1日に東京にて『第9回情報化施工推進会議』が開催されました。

情報化施工推進会議とは、情報化施工の戦略的な普及方策について検討を行うことを目的に設置されたもので、今回は、「情報化施工推進戦略」のフォローアップ及び今後の取り組み方針についてとの事。。

こてつも参加・・

できる訳ないですが、会議資料がHPにありましたので勝手に紹介します。。

資料によると、今回の議事は・・

1.情報化施工の実施状況と効果に関する調査について
2.普及に向けた課題への取り組み状況について
3.今後の展開について                とのこと。。


まず、情報化施工技術の一般化への方針と進捗状況について報告・・

平成22年8月に、『情報化施工技術の一般化・実用化の推進について』なる通達がなされ、
実用化の優先順位の高い
・トータルステーションによる出来形管理技術
・モータグレーダのマシンコントロール技術
については、平成25年度一般化に向けて普及の推進を図るとの方針が明記されました。
そして、その普及に向けた具体的な方策も掲げられました。

1-1-1.jpg

で、今回それらの進捗状況が報告されたわけです。。

活用目標件数でみると、TS・モータグレーダとも、H22年度は達成。H23年度は11月現在で目標の半分となっています。
個人的には、活用できないのには工事規模等何か訳があるわけで、今後目標を達成するために無理やり活用工事を増やすような事がないように祈ります。

活用促進にあたっての具体的な措置については・・
・発注者指定工事での必要費用計上
・総合評価落札方式での評価項目設定
・工事成績評定での評価

が実施されており、今後も引き続き継続していくとのことです。

1-1-2.jpg

また、TS出来形に必要な基本設計データを発注者が準備する事も試行しているとのことで、施工者がより導入しやすい環境つくりを整備していくとのこと。

1-3.jpg

TS出来形、MCグレーダについては平成25年度の一般化に向け、来年度が勝負の年になります。。
来年度も・・
・監督・検査要領等の周知(今年度中に改定)
・設計データの流通環境整備(継続)
機械・機器調達に関する支援制度の周知


を継続していくとの事ですので、注目していきたいと思います。

なお、中部地方では、全国に先立って平成24年度から一般化されます。

こちらもどのようにするのか、次のICT総会で明らかになるとの事なので注目です。。


次回は情報化施工技術の活用状況について・・


PAGE TOP

岐阜の地酒 千代菊「特別栽培仕込み」 


寒い冬はやっぱり・・

日本酒
 が一番!!

いつも呑む銘柄は決めてないのですが、どうせならと地元岐阜のお酒を選んでいます。。

岐阜県羽島市にある千代菊(株)の 千代菊特別栽培米仕込み です。



このお酒の特徴は、地元羽島市で育てた米を100%使っていること。。

お味は・・

辛くなくてやさしい、純米酒のような味です。

実は純米酒が好きな僕、店で隣の千代菊有機純米酒を買おうとしてたのに間違えてこれを買ってしまったんですが、結果オーライです。。

ちなみにこてつ家では、お酒を呑む時はご飯はでません。。

お酒がご飯代わりです。。


PAGE TOP

雪に飽きる。。 


今日もまた大雪。。



大雪の定義って地域で違うかもしれませんが、うちの職場では30センチ以上かな。。

今朝は40センチの積雪で、駐車場に入れず。。

いつものように皆で除雪するけど、振り向けばそこにはまた雪が・・

そろそろ雪にも飽きてきました。。

PAGE TOP

建設ICT導入普及研究会総会が開催されます!! 


建設ICT導入普及研究会からの連絡によりますと・・

2月27日(月)10:00から研究会総会が開かれるとの事です。

中部地方整備局では、平成24年度より全国に先駆け中部標準化を開始するなど、
建設ICTの導入普及をこれまで以上に推進してまいります。
今回の総会では、来年度以降の具体的な方針などについて会員の皆様にご報告します。

とのこと。。

中部標準化とは何か?? どうやって進めていくのか??

聞いてみたいところです。。

詳細は建設ICT総合サイトにて・・
総会

PAGE TOP

薪(まき)いりませんか? 

突然ですが、薪いりませんか??

こてつの働くダムでは、去年の台風でたくさんの流木が流れ着きました。。

その流木を引き上げ、薪として処理をしました!!

蒔配布

ざっと軽トラ50杯分。。

この薪を無料配布します!!
流木の処分費はかなり高価となるので、薪として配布したほうが経費節減になるんです。。


1家族あたり軽トラ1杯分まで、岐阜の山奥まで引き取りに来てもらわなければなりませんが、どうぞもらってください!!


詳細は こちら を参照してください。。

PAGE TOP

久しぶりに風邪をひく 



昨日は節分で、豆を…


今日は風邪薬を…


タイ関連が一段落して気が抜けてしまったかな。。

皆さんも風邪にはお気を付け下さい…

おやすみなさい。。

PAGE TOP

無事帰還 


今日名古屋で、タイ派遣の帰還式が行われました。

派遣隊員ではなく、排水ポンプ車の。

帰還1


排水ポンプ車は、12月20日まで現地で排水活動を行い、帰国のために大掃除を行ったあとタイを出国。。
(検疫通過のため、相当きれいに掃除しないといけなかったみたいです。)

そして今日、無事帰還することができました。。

僕も現地での活動報告のため帰還式に参加。。

ちなみに帰還後4回目の活動報告です。。


帰ってきたポンプ車には、タイの名残も・・
IMG_2211.jpg


ポンプ車は今日、派遣元の営業所に元気に帰っていきました。。

僕は、これからも引き続き万が一に備えて派遣体制を整えます!!

PAGE TOP

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。