FC2ブログ

スケッチアップで河川構造物の3D化に挑戦!! 

河川構造物1.jpg

今はまっているスケッチアップ。。

今回は河川構造物に挑戦です。。

上の画像は実際にこれから工事が始まる排水樋管工事の完成予想図です。

この画像だけみると大したことなさそうですが、人の歩いている地下にもちゃんと樋管が書かれています。

河川構造物2.jpg


堤防を歩いている人はまさか下にこんな構造物が埋まっているとは思わないでしょうね。。

このようにスケッチアップでは、レイヤの切り替えをうまく使うことによって工事イメージ図等いろんなことに使えそうです。今回は全く同じ堤防形状を2つのレイヤに配置し1つのレイヤは土やブロックのテクスチャ、もう一つは半透明テクスチャで色付けしています。

そして、今回の場合約20枚の図面データを組み合わせて1つのスケッチアップにまとめているため、一枚一枚の図面を見てるだけでは見落としがちな設計の懸案点がが見えてきます。

河川構造物3.jpg

今回では、
・防護柵の扉とタラップの位置があっていない
・構造変化点をまたいで防護柵を設置しているため不等沈下により防護柵の変形の恐れがある

のような懸案点が見えてきました。

せっかく3D化したデータをただのパースにだけ使うのはもったいないですよね。スケッチアップでは360°上下左右からグルグルまわして見る事が出来るので図面では分からないことがわかってくるはずです。

ちなみに今回のデータ作成には2日間かかりました。内訳は以下のとおり

 樋管本体の作成 1日(テレビを見ながら)
 防護柵/管理橋の作成 半日(試行錯誤しながら)
 堤防の作成 半日(試行錯誤しながら)

樋管本体の作成は以前橋台を作っているので難しいことはなかったのですが、防護柵や堤防の作成は今回初めてだったので、すごく時間がかかりました。
堤防については未だに作成のコツをつかめていません。横断間のすりつけ、特に構造物まわりが難しいです。これからもう一度作り直します。

スケッチアップデータは こちら です。

スポンサーサイト



PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotetsu39.blog.fc2.com/tb.php/111-fdf2264d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ