FC2ブログ

年末年始で SketchUpをマスター!! 4 

「年末年始でSketchUpをマスター!!」 初級編の第4回目です!!

前回は「移動とコピー」をマスターしました。

今回は「回転」です。

それではスタートです。。

今回も、まず最初にこの動画をご覧ください。これからこれやります。。

1.回転
kihon04-01.jpg
次は回転です。
SketchUpでは回転方法が2通りあります。
回転ツールを使う方法と、移動ツールを使う方法です。
どう違うのか確認しましょう。

2.回転 (回転ツール)
kihon04-02.jpg
まずは回転ツールを使った回転方法です。
立方体(グループ化してあります)を選択した後、回転ツールを選択します。
そして、立方体にカーソルを合わせると分度器が表示されます。
この分度器の色は、の3種類があり、回転させる方向がこれで分かります。

3.回転 (回転ツール)
kihon04-03.jpg
分度器の色が変わった事が分かります。
単純な形のものであれば、このように分度器を当てればいいのですが、複雑な形状の場合、なかなか分度器が言うことを聞いてくれません。
そんな時は・・ 後で説明します。。

4.回転 (回転ツール)
kihon04-04.jpg
今回は単純に水平方向に回転させてみます。立方体の角にカーソルを合わせてクリックします。(回転の軸となります。)

5.回転 (回転ツール)
kihon04-05.jpg
次に立方体の別の角を選択します。(回転の始点となります。)

6.回転 (回転ツール)
kihon04-06.jpg
後は、任意の場所まで回転させるだけです。
この時も数値入力を使いましょう。。
数値入力は、角度のほかに「1:2」のような勾配でも入力することができます。

7.回転 (回転コピー)
kihon04-07.jpg
回転ツールでは、単純な回転の他に放射状にコピーすることも可能です。
操作は簡単。 Ctrlキー を押すだけです。

8.回転 (回転コピー)
kihon04-08.jpg
するとカーソルの右上に「」が追加されます。もう一度「Ctrl」を押すと普通の回転移動に戻ります。
今回は回転角度15°と入力しました。

9.回転 (回転コピー)
kihon04-09.jpg
そして、数値入力ボックスに「*12」と入力すると、放射線上に立方体が配列されました。

10.回転 (移動ツール)
kihon04-10.jpg
次に移動ツールを使った回転方法です。
図面を書いていると、移動やコピーをした後すぐに図形を回転させる場合がありますが、その際に便利な方法です。
移動ツールを選択します。回転したい対象物の回転させたい面にカーソルを移動すると、4個の「+」が表示されます。

11.回転 (移動ツール)
kihon04-11.jpg
いづれかの「+」にカーソルを合わせると分度器が表示されます。

12.回転 (移動ツール)
kihon04-12.jpg
あとはドラッグするか、回転角度を入力するだけです。


最後にもう一度この動画をご覧ください。おさらいです。

「回転」はこれで終了~
次回は「平面図から立体化」です。。
スポンサーサイト



PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotetsu39.blog.fc2.com/tb.php/236-002d2a98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ