FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --

PAGE TOP

第9回 情報化施工推進会議が開催されました!! 

2月1日に東京にて『第9回情報化施工推進会議』が開催されました。

情報化施工推進会議とは、情報化施工の戦略的な普及方策について検討を行うことを目的に設置されたもので、今回は、「情報化施工推進戦略」のフォローアップ及び今後の取り組み方針についてとの事。。

こてつも参加・・

できる訳ないですが、会議資料がHPにありましたので勝手に紹介します。。

資料によると、今回の議事は・・

1.情報化施工の実施状況と効果に関する調査について
2.普及に向けた課題への取り組み状況について
3.今後の展開について                とのこと。。


まず、情報化施工技術の一般化への方針と進捗状況について報告・・

平成22年8月に、『情報化施工技術の一般化・実用化の推進について』なる通達がなされ、
実用化の優先順位の高い
・トータルステーションによる出来形管理技術
・モータグレーダのマシンコントロール技術
については、平成25年度一般化に向けて普及の推進を図るとの方針が明記されました。
そして、その普及に向けた具体的な方策も掲げられました。

1-1-1.jpg

で、今回それらの進捗状況が報告されたわけです。。

活用目標件数でみると、TS・モータグレーダとも、H22年度は達成。H23年度は11月現在で目標の半分となっています。
個人的には、活用できないのには工事規模等何か訳があるわけで、今後目標を達成するために無理やり活用工事を増やすような事がないように祈ります。

活用促進にあたっての具体的な措置については・・
・発注者指定工事での必要費用計上
・総合評価落札方式での評価項目設定
・工事成績評定での評価

が実施されており、今後も引き続き継続していくとのことです。

1-1-2.jpg

また、TS出来形に必要な基本設計データを発注者が準備する事も試行しているとのことで、施工者がより導入しやすい環境つくりを整備していくとのこと。

1-3.jpg

TS出来形、MCグレーダについては平成25年度の一般化に向け、来年度が勝負の年になります。。
来年度も・・
・監督・検査要領等の周知(今年度中に改定)
・設計データの流通環境整備(継続)
機械・機器調達に関する支援制度の周知


を継続していくとの事ですので、注目していきたいと思います。

なお、中部地方では、全国に先立って平成24年度から一般化されます。

こちらもどのようにするのか、次のICT総会で明らかになるとの事なので注目です。。


次回は情報化施工技術の活用状況について・・


スポンサーサイト

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotetsu39.blog.fc2.com/tb.php/514-bc682f9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。