FC2ブログ

自作ICTバックホウに乗せてもらいました。。 

今まで何度か紹介したICTバックホウ。

すでに販売やリースがされているのは、ライカ、ニコントリンブル、トプコンの3社なのですが、長野県の施工者さんから

「ICTバックホウを作ったので見に来てください」

とお誘いいただいたので昨日お邪魔してきました。

現場は菅平高原で、冬はスキー、夏は合宿地として有名なところです。ICTバックホウが活躍しているのは、ラグビー用のグランドでした。

この自作ICTバックホウの構成は至ってシンプル。大手のものみたいにGPS受信機や、角度センサー等一切ついていません。

自動追尾形のトータルステーションと、バケットに取り付けたミラー、そしてバケットの角度を示すインジケータのみ。

トータルステーションを使ってバケット歯先の位置を把握して、あとどれだけバケットを上げたり下げたりしたら良いかを操縦席につけたポケットPCに表示させるというもの。あとはバケットの角度を設計法面角度に合わせるだけ。

自作ICTバックホウはこのバケット角度が設計通りの角度になっているかどうかの確認を一目で分かるように工夫されているんです。(詳しいことは大人の事情で紹介できないのが残念です。)
RIMG0034.JPG

僕も早速操縦させていただきました。
バケットの角度をあわせて・・・
刃先を設計値になるまで下げて・・・
後はバケットの角度を一定に保ちながらアームを下げていくだけ・・

法面整形も少しずつですができるようになってきました。。

詳しい事は別のサイトで紹介させていただきます。。
スポンサーサイト



PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotetsu39.blog.fc2.com/tb.php/90-de520870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

カレンダー

最新記事

最新コメント

カテゴリ